読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kamihira_log at 10636

みえないものを、みる視点。

長い長い交渉

f:id:peru:20151104045520j:plain

チボリ公園がハロウィン限定オープン.年間パスポートが威力を発揮してタダで楽しむことができた.チボリ公園は夏が終わってすぐ営業おわって,なんだか「適当な営業だなぁ〜」と思っていたのだが,なんとチボリの皆さんは営業しないでこの特設ディスプレイの準備していたようだ.お店から建物までたったハロウィンの数日のためだけにかなり作り込んでいて(風車も草の迷路も全部特設),たしかに準備に1ヶ月はかかると思った.なるほどクリスマス前までしばらく休みなのもそういう理由か.見えないところで努力しているんだな.

 ■

ところで昨日,CaseOrder-IDに関する長い長い交渉がやっと終わった.CaseOrder-IDというのは要するにデンマークの滞在許可を取るための番号なのだけど.その手数料に結構お金がかかる.その手違いの交渉をずっとやっていたのだ,誰かの参考になるかも知れないので,ここで公開しておこう.

 

1)2014年11月9日,デンマークでの滞在許可を申請するために,移民局にAR1用のCaseOrder-IDを申請する.クレジットカードで3225DKK(約58000円)払って番号を手に入れる.申請には3ヶ月とか半年かかったという話(他の国の例)を聞くし,早めに準備しなくては.

 

2)2015年1月15日,ITUからようやく滞在許可の申請書が送られてくる.僕らの研究者用(AR1)は,雇用者が先に半分書き,その後申請者が書くという手順なのだ.ここのプロセスどうするんだろう.まさか郵送か?と思っていたら「書いておいたからこのパスワードでログインしてね」ということでとても楽に出来た.自分の項目を埋めて,家族分(FA8)も大金払ってそれぞれ3人分Case Order-IDを買って,書類を申請する.書類がまた大変なんだけど,それはまた別の機会に.

 

3)2月6日,予約を入れて,家族全員で代官山のデンマーク大使館へ行く.特に面接はなく,写真と指紋をとられて,書類を出して終わり.なにも問題無ければ,1ヶ月ぐらいで許可おりるそう.

 

4)3月9日,移民局より連絡有り.結果,僕のみ不許可!妻と子どもは問題なし.不許可の理由は・・・「1月1日にCaseOrder-IDの料金が改定されて3250DKKになったから,君は25DKK(450円)たりないからダメ,通りたかったら25DKK今すぐ払ってね!」とのこと.聞いてね—よ!必死で追加の支払いの方法を探すが,どこにも全く書いてない.振り込むから口座教えろ,ってメール送っても返事ない.3月26日の出発日はそろそろだ.飛行機のチケットももうとっくに押さえているのに.運の悪いことに,2月のデンマークでテロが発生している.その影響で,移民への審査が厳しくなっているとのこと.それはつまり移民局のスタッフがとても忙しくなったことを意味する.

 

5)3月10日,ほかに方法がないので, 3250DKKを払って新しいIDを取り,こっちで申請してくれ,という荒技でしのごうと考える.メールしても音沙汰無いので,ITUの国際交流のスタッフであるMetteに泣きつく.26においら出発なんだよ,それまでに間に合わせてくれ,と,

 

6)Metteが頑張って交渉してくれて,なんとかなりそう,という返事をくれる.25日(出発前日w)に滞在許可が降りた.ギ,ギリギリセーフ!

 

7)無事にデンマークに到着して,市民登録も出来て,めでたしめでたし・・・となったはずだが,あれ,返金ってどうなるんだっけ?たしか申請の書類には返金用の銀行口座記入覧もあって,三菱東京UFJの口座を書いたはずだが.¥58000はでかい.

 

8)同僚の安岡さんに相談してみる.「こちらの公務員は日本みたいにちゃんと仕事しない.簡単に諦めないでしつこく主張して交渉を続けてみるべき」というアドバイスをもらう.

 

9)6月,返金が振り込まれないので,再びかくかくしかじかとメールして返金をお願いするメールを書く.メールではまったく返事ないことが経験上わかっていたので,Metteにお願いして彼女から移民局へ電話もしてもらう.デンマーク人同士だと話がはやい,というか,彼女は長年国際交流関連で国と手続きする仕事しているので,担当の人と友達らしい.

 

10)7月,なかなか返金が振り込まれない.Metteに聞くと,「彼ら既に対応したって言っているよ」え?口座見ても入ってないし,銀行に聞いてもわからない,というし,原因不明.

 

11)どうやら,自治体のサイトにアクセスして,NEM-KONTという自分のデンマークの銀行口座を国に知らせるための設定をしないといけないという.子ども手当をもらうために妻の方には設定したのだが,自分の方には設定してなかった.たぶんそれだ,そういうわけでこれは僕のミス.

 

12)8月31日,移民局から封書が来る.「6/30に返金しようとしたけど返金できなかったよ.なんとかしろ」という文面.それだけのことを言うために,なんと2ヶ月!高品質なファインペーパでそんなことを郵送する必要ないから,さっさとメールしてくれ!なんのためのデジタルポストだ.すぐに「ごめんなさい.7月の中頃にNEM-KONTの設定したので,もう一回よろしゅう」とメールする.

 

13) 11月2日,やっと振り込まれる.

 

 

長かったです.戻ってきてよかった.いったい何回やりとりしたことか.他の国の話を聞くと,もっと事務仕事が適当でみなさんひどい目にあっているので,これはまだ良い方なのだろう.