Kamihira_log at 10636

みえないものを、みる視点。

「さかのぼるみらい展」開催のお知らせ

2月20日から3日間、専修大サテライトキャンパスにて「さかのぼるみらい展」が開催されます。

 

この展示会は、専修大学上平研究室の塩濱さんが卒業演習として取り組んだ地域ブランディングの取り組みが元になって、地元市民のコミュニティとの交流の中で開催に至ったものです。かつてこの地域にあった過去の遊園地の記憶をさかのぼりながら、向ヶ丘遊園地域の人々は今後どのように望ましい未来を描いていくべきか、その第一歩として小さなツールがどのように人々の気持ちを動かし、具体化させていくことが出来るか、そんな問いを元にデザインを探索してきた過程を、一般の方々向けに公開致します。

________

「さかのぼるみらい展」
◎日時: 2019年2月20日(水)〜22日(金)
◎場所:専修大学サテライトキャンパス(向ヶ丘遊園北口アトラスタワー2F)
◎入場料:無料

◎企画・プロデュース
塩濱有紀子(専修大学上平研究室)

◎共催
向ヶ丘遊園の緑を守り、市民いこいの場を求める会
専修大学情報科学研究所

◎協力
専修大学ネットワーク情報学部

◎お問い合わせ
sakanoborumirai@gmail.com

◎「さかのぼるみらい展」リーフレットより
2002 年に閉園してから、「向ヶ丘遊園」は駅名だけがうっすらと残る存在になっています。若い世代は、かつてこの地に遊園地が存在していたことについて、ほとんどリアリティがありません。
しかし、この場所にあったモノレールや非日常の娯楽の体験は、地元の人々にとって大事な思い出となっています。また現在も残っている広大で豊かな緑は、遊園地が好きだ、という想いを持つ人々によって守られています。「向ヶ丘遊園」は単なる遺産ではなく、今でも地域の人々をつなぐかけがえのない共有地でもあるようにおもいます。
—このまま忘れ去られ、再開発を待つだけではあまりにも惜しい。この先に広がるわたしたちの未来に向けて、「ここにあった過去から、未来を見つけることができるかもしれない」。そんなことを考えた、地元出身のとある一人の大学生による展示会です。

 

f:id:peru:20190214142028p:plain

f:id:peru:20190214142033p:plain


 

単純な至福、新しい経験。

f:id:peru:20190113174758j:plain

 

先月に読んだ見田宗介現代社会はどこに向かうか」(2018)に、ハッとさせられたのでメモ。

 

人類は地球に住み、それは球という閉域である。その有限な環境下で繁栄している生物種として、生命曲線(個体数)は「ロジスティック曲線」を免れることはできない。ロジスティック曲線とは、初めは徐々に増加し,なかばで急激に増加し,その後,漸減して上限に達するようなS字形の曲線である。つまり現代は、長い原始社会から近代社会という急速な増殖期を経て上限を通過している状態である。見田によると、現代社会の矛盾満ちた現象は、高度成長をなお追求しつづける慣性の力線と安定平衡期に軟着陸しようとする力との拮抗するダイナミズムの種々層として把握できる。

 

人間史の最終局面、高原期に達した人類は何を願うのか?

見田は本書の後半で、幸福感が増大しているフランス(※)の若者たちによる幸福の理由と経験の自由記述を取り出す。世界価値観調査の統計データでは見えない質的データである。さまざまな人によって記された短い幸福の理由が、18ページもの分量を割いて紹介されている。この生データの数々が僕にとってはなんだか衝撃だった。

 

※この調査はちょっと前の時期、デモが活発な今では縮小しているだろう。


このデータに対して、見田は、

一番大きい印象は、何か特別に新しい「現代的な」幸福のかたちがあるわけでなく、わたしたちがすでに知っているもの、(もしかしたらずっと昔から、文明の始まるよりも以前からわたしたちが知っていたものかもしれない)あの幸福の原層みたいなもの、身近な人たちとの交歓と、自然と身体の交感という、<単純な至福>だけだということであるように思う。(P90)

 

フランスの「非常に幸福な」青年達の幸福の内容について、経済的な富の所有に関わる事柄、ブランドもの、財宝、高級車、等々に関する事柄が一つもなかったということは、それは現代の日本の青年達の、シンプル化、ナチュラル化、脱商品化等々という動向と、同じ方向線にあることを示唆しているように思われる。(P91)

 

と書いている。

 

"現代的な幸福のかたちがあるというわけではない"という指摘は、考えてみればたしかにそうなのかもしれない。普段デザインについて考えていると、特に流れの速い情報学部にいると、ついつい「新しい経験」というものはまだまだどこかに埋もれていて、未開拓なところから誰か(もしくは自分)が発掘する、というふうに考えがちだ。「未来の生活」というあいまいな言葉で語られるイメージも同じである。経済発展の延長にもっとワクワクさせられる体験が待っているはずだ、とたぶん多くの人は思う。でも、もしその前提が成り立たないとしたら。太古からそこにあった<単純な至福>こそが究極の青い鳥だとすると、まだ見ぬ幸せをもとめて四苦八苦する現代人の矛盾が引き立って、なんだか言葉を失ってしまう。


では、その先になにがあるのか?見田は、

依拠されるべき核心は、解き放たれるべき核心は、人間という存在の核に充填されている<欲望の相乗性>である。人によろこばれることが人のよろこびであるという、人間欲望の構造である。

という。ここには同感した。デザインの目的も、最終的にはそういうところに落ち着くだろうし、そこから乖離するものではないだろうな、と思う。

 

それにしても、見田宗介、80歳を超えてこのシャープな論考。人生を知り尽くしたからこそ見えている地平。凄すぎる。

この本、biotopeの佐宗さんも褒めていたので参考までに。

 

 

 

2018年の終わりに

f:id:peru:20181231213925j:plain

今年も早かった。カレンダー見返すと春先のことは遠い昔のようだ。本業の方では、今年は同僚の栗芝先生が戻ってきて一昨年度よりは余裕が出来た。その代わりに中等教育界隈の仕事がちょっと増えて、結局同じくらい忙しかった。今は単著を書いているのだけど、なかなか進まくて弱っている。来年度は早く書き終わりたい。

今年の出来事で一番思い出深いことは、やっぱり春の「自分たち事のデザイン」のプロジェクトかな。クラウドファンディングによる資金集めから編集・製本まで世話人チームで取り組んで、尊敬する人の未完成原稿を素晴らしい本として形にすることが出来たことは素晴らしい経験だった。(関係者のみなさまご協力ありがとうございました)

こういうボランタリーなプロジェクトは、終わったときには自分で起こすのはもう当分はいいや、と思うのだが、いつのまにか次々と自分が通り過ぎることができない状況を伴って、僕の前に立ちはだかってくる。来年度は、MaxBillのドキュメンタリー映画の上映に向けてなんとか一仕事したいと思う。

 

みなさま、2019年もどうぞよろしくお願いします。

 

______________

 

2018年の活動


■研究

3月    上平崇仁他:FIELD MUSEUM 地域協働のデザインによる体験型自然科学学習キット,デザイン学研究作品集,  vol.23 No.1  pp.28-33, 2018

6月 上平崇仁,他:探索型PBLとそのデザイン環境, 日本デザイン学会研究発表大会概要集 65(0), pp.496-497, 2018

8月 上平崇仁、佐々木塁:高校における情報デザイン教育にむけた試案と冊子制作:すべての人がデザインを学ぶ時代に向けて, 第11回 全国高等学校情報教育研究会(秋田)

*月
上平崇仁:「当事者」をとらえるパースペクティブー3つのデザインアプローチの比較考察を通して  デザイン学研究当時者デザイン特集号(編集中)

 

■講演・トークなど

2月 産業技術大学院大学人間中心デザインプログラム「デザイン態度論2018」

2月   カードソーティングゲームワークショップ in ミャンマー

3月  29年度川崎市多摩区 大学・地域連携事業報告会「みんなでつくるの仕組みをつくる」多摩区役所

3月  UX dub vol.3「組織のクリエイティビティを上げるインプロワークショップ」

4月 venture cafe tokyo 「デザイン思考の理屈と実践」at 虎ノ門ヒルズcafe

5月 第4回 Xデザインフォーラム ワークショップ「問いの技法」at yahoo!JAPAN本社

6月 東京都情報教育部会研究協議会 基調講演「いま、情報デザインを学ぶこと/教えることの意義」立川高校

9月 Design for Designer vol7 「デザイナーの矜持」パネルセッション登壇

at Yahoo!Lodge
9月 Xデザイン学校公開講座「デザイン・ウィズ・ノンヒューマン」

at 東京ミッドタウンデザイン武蔵野美大デザインラウンジ

10月  神奈川県情報教育部会 講演「始まる情報デザインの視点」

at 専修大学

11月 JAGDA神奈川トークセミナー2018「7人のデザイナーと語らう「ヨコハマで企む。モノ、コト、マチを育む」at kosha33
11月 東京女子大公開講座「当事者達が参加し、協働するデザインの世界」

12月 Public&Design Meetup「100年前の当時者デザイン」at DSCL

 

■ワークショップ&イベント(上平が企画したもの)

1月 フィールドミュージアム2018展 at かわさき宙と緑の科学館

3月 「渡辺保史と自分たち事」at東京ミッドタウン・インターナショナルリエゾンセンター

8月 高校生向け1day design workshop 「イッテンバッグ作りを通してデザインを学んでみよう」at 専修大学

10月   専修大学情報科学研究所研究会「オランダの環境と未来をデザインすること—People with Dementia ProjectとTU Delftのデザイン教育を通して」at 専修大サテライトキャンパス

 

■出版物

3月 オンデマンド出版  「自分たち事のデザイン」(渡辺保史著)発起人

8月 オンデマンド出版 「すべての人がデザインを学ぶ時代に向けて」上平研究室発行

 

■審査員など

WIT Award 2018 審査委員

某省庁の某案件審議会委員

某省庁某委託事業

 

■今年見た風景から

f:id:peru:20181231204010j:plain

ミャンマーのインヤー湖

f:id:peru:20181231210717j:plain

おお西(長野県上田市

f:id:peru:20181231212858j:plain

琵琶湖(滋賀県

f:id:peru:20181231212912j:plain

磯庭園(鹿児島)

f:id:peru:20181231212927j:plain

甑島(鹿児島)

f:id:peru:20181231212949j:plain

浜松

f:id:peru:20181231213240j:plain

摩周湖(北海道)

f:id:peru:20181231213006j:plain

ゲストハウスコケコッコー(釧路市阿寒町

f:id:peru:20181231211341j:plain

永平寺(福井)

f:id:peru:20181231213026j:plain

スキージャム勝山(福井)

今年もいろいろなところ行けて良かった。



 

 

 

100年前の当事者デザイン

f:id:peru:20181221141025j:plain

先日開催されたPublic&Designという小さなコミュニティのmeetupでライトニングトークしたので、話題提供したスライドをアップした。

 

 
1919年に農民美術運動を始めた山本鼎について紹介したもの。農民美術、というネーミングは21世紀の今に生きる我々にとって、興味が湧いてくるような言葉ではないだろう。でも、よく調べていけば、この運動は「当事者自身がデザインしていくこと」そのものであり、今で言う「デザインの民主化」を狙う、かなり先駆的な取り組みだった。
 

愛知県生まれの彼は、東京美術学校卒業後フランス留学し、帰途のロシアで出合った農民工芸に感銘を受け、上田で「農民美術」と名付けた手工芸品の生産を農家の人々に指導しました。運動は全国に広がり、各地で様々な「農民美術」が生まれました。

 

「どんな地方のどんな境遇の人間にも創造の力は宿っている」と信じた鼎は、「農民美術」を通して、農民生活の向上と美的創造力の両者を追い求めたのです。鼎はそのために画家や彫刻家の仲間たちとともに、自ら木鉢やクッションなど農民美術のデザインを考案し、受講生であった農民たちが自立できるようデザイン教育にも力を注ぎました。

 

運動が行われたのは、1919-1935年。奇しくもほぼバウハウスと同じ時期だけに花開いた短い寿命であった。まだ日本にはほとんど美術学校なんか無かった頃である。その頃に私財を投げ打って授業料無料で農民達が学べる仕組みを作り、みんなが表現することでそれぞれの人生を豊かにしていこう、ものづくりの文化をつくって産業にしよう、という願望をかたちにしていたことには本当に驚かされる。

運動はとっくに消えたけれども、その影響は上田だけでなく、日本中に広がって痕跡を残している。

 昭和の初期には長野県各地のほかに、東京、岐阜、京都、千葉、神奈川、埼玉、福岡、熊本、鹿児島などでも作品が生産されるようになった。現在も全国各地に物産品として民芸品が作られているが、これらのかなりの部分がこの農民美術運動に影響を受けたものである。徳川義親が北海道八雲町で始め全道に広まった木彫りの熊は、この農民美術運動とアイヌ工芸とが結びついて生まれた混合文化といえる。 

山本鼎 - Wikipedia

 

そして僕はこの「農民美術」という言葉を聞く度に、大学生の時に、この運動について僕に教えてくれた長野出身の友人Yとのやりとりを思い出す。25年たってようやく彼が言っていた大事さの意味が分かった気がする。アートを表面だけみて判断してはいけない。農民美術の元になったロシアのPeasant artの精神がのちのロシア・アヴァンギャルドに繋がったのだと。Y君ゴメン。

 
 
 
 
 

映画「かぞくいろ」で、昔の記憶を蘇らせる

f:id:peru:20181208131557j:plain

12/8、所用のついでに、近くのシネコンで映画「かぞくいろ」を見てきた。僕を知る人には、そんなヒューマンドラマ系の映画見る趣味あったっけ、と思われそうだ、この映画とはちょっとした接点があるのだ。

映画の概要は以下の通り。

地方のローカル線を舞台に鉄道にまつわる人々の人生をつづったヒューマンドラマ「RAILWAYS」シリーズ第3作。有村架純が鉄道の運転士を目指すシングルマザーの女性を演じる。夫を突然亡くしてしまった奥薗晶は残された夫の連れ子を抱え、夫の故郷である鹿児島県に住む義父・節夫に会いに行く。鉄道の運転士で、妻に先立たれて1人で暮らす節夫は、長い間疎遠だった息子の死、さらに初めて会う息子の嫁、そして孫の存在に困惑する。しかし、行くあてがないという2人を鹿児島の家に住まわすことを渋々認め、3人の共同生活がスタートする。生活のため仕事を探していた晶は、節夫と同じ肥薩おれんじ鉄道の運転士試験を受けることを決意する。運転士という仕事は亡くなった修平の子どもの頃の夢でもあった。

 

実際に見た感想として、とてもいい映画だった。鉄道モノなので、ローカル鉄道好きならなおさら楽しむことができると思う。有村架純にしても桜庭ななみにしてもまだ20代半ばである。でも、それぞれ強く生きて行こうとする母親役を演じていて、女優達もいつまでも同じような役に留まるのではなくて、自分の年齢重ねるのにあわせて、ちょっとづつ挑戦しながら変化していくんだなぁ、となんだか沁み入った。映画の中の登場人物達がみんなそうだけれど、“状況”こそが、立場の違う人間同士の新しい関わり方や家族のあり方を学ばせていくということだよね。注文付けるとすると、主人公の生き方に感情移入するためには、晶(有村架純)の過去をもうちょっと知りたかったな。

 

実はこの映画、僕の生まれ故郷の鹿児島県阿久根市、しかも僕らが通った大川小学校近辺でロケされたもので、地元では昨年からけっこう話題になっていた。そして実際に見てみたら、想像以上に地元の風景だらけでちょっと笑った。映画の端々で、「この後ろはたしかカット(幼なじみのあだ名)の家だよなぁ・・」とか「この道登ればワヤ(幼なじみのあだ名)んチの方向だっけ」と、子供の頃に自転車で縦横無尽に走り回った記憶が蘇ってくる。おまけに大川小体育館でのシーンでは、「あ、笑顔が素敵なこのエキストラのおじさんは・・・なんと重樹!、おっと、西平君(※現阿久根市長)もいるじゃないか!」と同い年の友人たちもちゃっかり登場していて、悲しいシーンのはずなのに涙ぐむどころではなかった。(ちなみに僕の母親も老婆役に挑戦する気でいたが、叶わなかったらしい。笑)

 

 と、そんな感じで、ストーリーだけでなくロケ地の記憶ごと隅々まで楽しめるという、俺得の映画だったわけだが、遠く離れた東京のスクリーンで見てみると、山が間近に迫り、入り組む海岸線沿いをぬいながら、のんびりと一両だけの小さなおれんじ鉄道の車両が走っていく風景は、なんだかミニチュアのようでもあり、改めてとても美しいな、と思う。

 

そういえば、阿久根市から映画公開に併せた特製の名刺を頂いていたので紹介。

f:id:peru:20181208131743j:plain

みなさま、現在上映中ですのでどうぞよろしくお願いします。

上平は生まれ育った阿久根市を応援しています。

f:id:peru:20181208212212j:plain

www.railwaysmovie.jp

四半世紀の時間を超えた体験

f:id:peru:20181205132537j:plain


生きていると、人生には時々思いがけないことが起こるものだ。

2ヶ月ほど前のこと、たまたま検索した先でMax Billのドキュメンタリー映画がスイスで作られていたことを知った。Max Billとは、スイス生まれの画家/彫刻家/デザイナー/建築家であり、バウハウスで学び、その後継であるウルム造形大の設立時の学長をつとめたモダンデザインの世界的巨匠である。

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0204/1770/products/Junghans-Max-Bill-Automatic-Watch-J800.1-38mm-White-027-3500.00-2_f436502b-ba62-40e5-ade3-e7de520532a8_2000x.jpg?v=1537963087

時計好きな人には、ユンハンス社の色あせない美しさを持つ腕時計のデザインで知られている。

http://tokyo.metrocs.jp/wp-content/uploads/2014/11/21.jpg

また、日本ではそれほど知名度はないが、アーティストとしても優れた作品を制作していて、4年ほど前に、千葉工大の山崎先生は「マックスビルの会」というのを開催されている。(僕は行けなかった・・・)

マックス・ビルの会 レポート

 

造形の手段としての「構造」という概念をはっきりと表したのがマックス・ビル
その構造は「数学的思考方法」という言葉で表現されていましたが、
数字を直接利用する難しいものではなく、視覚的に捉えることのできる「数学」です。

他の言葉に置き換えるならば、リズム・法則性・連続性・・・といったところでしょうか。

http://tokyo.metrocs.jp/wp-content/uploads/2014/11/81.jpg

 

 身近なところでは、箱根彫刻の森公園にも彫刻作品がある。

f:id:peru:20181206230337j:plain

 

僕は大学生だった頃、billの数学的な美意識を持つ絵画が好きすぎて、パク・・・いやインスパイアされた抽象作品なぞ作っていたのである。

f:id:peru:20181205193359j:plain

Requiem for Bill  by Takahito KAMIHIRA (1994.12)

これはちょうどbillが亡くなった時に制作した抽象画で、ビルの造形言語を別のルールで再解釈して、テンションによる線で構成したもの。2次元なのか3次元なのかわからない錯視的な造形を目指した。まあ今見てみれば青い若者の習作である。

 

自分にとってそんな思い出深いbillのDVDがウェブサイトから買えるようだったので、短いメッセージを添えて購入申し込みしてみた。すると、映画を撮った監督のエリック・シュミットからメールが!なんと12月に日本に撮影に来るのでそのときに渡せると思う、夜にでも会えないか?とのこと。エリックの奥さんのangelaはなんとbillの前妻で、ふたりでbill hausというビルの記念館を運営しているそう。

 

 二つ返事でOKしてなんどかやりとりするうちに、僕はいつのまにか帝国ホテルの彼の部屋にいた。

f:id:peru:20181205101527j:plain

 With erich and angela at teikoku hotel, dec 3 2018

まさか四半世紀経ってbillの奥さんに当時の真似事の作品を見せる日が来るとは思わなかったな。当時の自分に「いつかそんなこともあるぞ」と励ましてあげたい。

 

彼の部屋でDVD とともに、翻訳の許諾と英語のサブタイトル(字幕)データを頂いた。 来年はバウハウス100周年で、日本でもいろんなイベントが企画されている。その一環としてこの映画を上映できる可能性を探ってみたい。どうなるかまだ決定している話ではないので具体的なことは公開できる話ではないけれど、こういった貴重な映像を日本に紹介するために、ちょっとでもお手伝いできればと考えている。

 

2018年度プロジェクト発表会のお知らせ

f:id:peru:20181129114121p:plain

今年も12/15(土)に、専修大学ネットワーク情報学部全3年生によるコア演習科目「プロジェクト」の発表会を企画しています。
我々の学部のPBLの特徴は、テーマを教員や企業から与えらえるのではなく、学生自身が仲間を見つけて起案し、指導してくれる教員を口説き落とし、社会に対して活動していくという(全国的にも珍しい)スタートアップ的な活動であるところです。もちろん七転八倒になるわけですが、不確実な中で目標を探し、前に進んでいく態度を育成することを目指しています。


今年の上平プロジェクトは、紙や活版印刷装置を自作し、それを用いたポップアップ工房を立ち上げてワークショップを行いました。デジタルの利便性とは真逆の、作っていく手間暇の中に生まれる価値とは何かを探索するものです。

年の瀬の忙しい時期になりますが、もしご都合が付かれましたら是非お越し下さい。学部にご協力くださっている企業の皆様には、ささやかですが学部教員との昼食会も予定しております。

_

2018年度専修大学ネットワーク情報学部プロジェクト最終発表会

日時:2018年12月15日(土) 10:30~16:20
会場:専修大学生田校舎 10号館2F・3F (入場無料、入退場自由) 

 

公式サイト

専修大学ネットワーク情報学部|プロジェクト発表会2018

グラレコしてもらう

f:id:peru:20181109130452j:plain

11/5(月)、東京女子大にて講演。現代教養学部の中に、心理・コミュニケーション学科コミュニケーション専攻が新設され、デザインも学べるようにカリキュラムを作り直したのだそう。

 今回の講演は渡辺先生にお招き頂いた。連続講座の4回目に位置づけられるものである。題目は「当事者たちが参加し、協働するデザインの世界」。90分フルのレクチャーをまるまるグラフィックレコーディング(話を聞きながらレコーダーがその場で即興的に記録していくもの)していただいたので、ここに記念に残して置こう。

f:id:peru:20181109130515j:plain

f:id:peru:20181109130519j:plain

f:id:peru:20181109130522j:plain

f:id:peru:20181109130526j:plain

レコーダーは、リクルートの長縄さん。イケメンに描いてくださってありがとうございます。

 

もうひとつ。

f:id:peru:20181109131122j:plain

11/3(土)は日本グラフィックデザイナー協会神奈川支部企画の、「7人のデザイナーと語らう『ヨコハマで企む。モノ・コト・マチを育む』」トーク&セッションに参加。

うーむ。このキャッチ画像では、巨匠の中川憲造さんの横に並べて頂いて実に恐縮だ。

f:id:peru:20181109130635j:plain

中川さんの後、僕から「街の人々が『自分たち事』として取り組むための仕組みと姿勢の話」としてトーク。撮影は松本賢(mazken)さん。

f:id:peru:20181109130654j:plain

f:id:peru:20181109130648j:plain

トークとパネルディスカッションはホワイトボードにレコーディングされた。レコーダーはNTTコミュニケーションズのそうとめさん。ありがとうございました。

 

冗談を冗談で終わらせないで、実行する力

f:id:peru:20181101110238j:plain

Mária Filep (Debrecen) and Dr. László Magas (Sopron) open the border gate - which has already been "opened" half an hour before by several hundred East-German refugees without any protocol.

 

世界史に疎くてあまり知らなかったことだが、世界の歴史を変えた「汎ヨーロッパ・ピクニック計画」(1989年8月19日)の経緯がとても興味深い。

1989年、ソ連の共産圏から逃れいち早く新政権の樹立に成功したハンガリーでは、民主化運動が活発になっていた。そんなある日、オットー・ハプスブルクオーストリア=ハンガリー帝国最後の皇太子)が大学の講義のためにハンガリーを訪問した。その日の歓迎会で、ハンガリー鉄のカーテンによる分断から解放されたことを特別に祝おうじゃないか、とある人が冗談を言ったところ、その冗談に乗るかたちで出席者から色んなアイデアが出てきた。 

その中から、オーストリアハンガリーの国境地帯でたき火をしてバーベキュー・パーティを行い、ハンガリー人とオーストリア人が、国境のフェンスを囲んで食べ物を交換し合うことで、ヨーロッパの東西を分断するフェンスが、地理や歴史(オーストリアハンガリーは20世紀初頭まで同じ国家だった)を無視している事実を世界に示そう、という案が出たのである。

この話で夕食会は盛り上ったが、その時はパーティの席での冗談であった。メサロシュが夕食会の10日後に、民主フォーラムの会議の席上でこの話をした時も、多くの出席者は冗談と受け止めたが、フィレプ・マリアという女性は、これを本格的に実行することをメサロシュに提案し、2人で準備を始めた。

汎ヨーロッパ・ピクニック - Wikipedia

 

最初は身内の小集会と考えられてきた「ピクニック」の企画は、あらゆる地域の人々が集まって将来の欧州統合について語り合う大集会「ヨーロッパ・ピクニック」として実施されることになりました。人々は、ショプロンの郊外にある、戦後40年開かれることのなかった国境の門に注目し、これを開放させることを考えたのです。

この門を開けるよう援助を求められた当時の政治改革相ポジュガイ・イムレは、それを断らず、「これは単なる会議を装いながら、白昼堂々東ドイツ市民を脱走させ、鉄のカーテンを無意味なものにする絶好のチャンスである」と考え、内務省に門を少しの間だけ開けるよう要請しました。主催者側は、これと同時に、東ドイツ人のキャンプやホテルに連絡を付け、「ピクニック」に行けば西に出られる」と伝えたのでした。 

ヨーロッパピクニック計画

 

かくして、ショプロンの街でピクニックは実行された。結果的に、この日だけで東ドイツから600人以上が脱出に成功したという(上の写真)。

http://www.eu-alps.com/x15-st/do-2015/623/5623f1132.jpg

これはピクニック計画のポスター。鉄条網を切断するシンボリックなバラの花が素晴らしい。

 

これを機にハンガリー国内で難民化していた東ドイツの市民が公然と脱出できるようになり、やがてベルリンの壁崩壊に繋がっていった・・・という歴史的実話。まるでよく出来た映画のようだ。

 

フィレプ・マリアは、もともと建築家だったらしい。酒の場の冗談を冗談で終わらせないで、ソ連に消されるリスクを負いながらも実行に向けて動いていくというのは、なかなかできることではない。

 

1989年の夏というと、僕が高校2年の時か。

僕が田舎で何事もなく過ごしていたあの時期に、急速に時代がうごいていたんだなぁ・・・と訳も無く感慨深くなる。

 

3年前のベルリンの壁訪問記。

kmhr.hatenablog.com

 

始まる「情報デザイン」の視点:神奈川県教員研修会講演より

f:id:peru:20181025180634j:plain

10/20(土)の午後、神奈川県の情報の先生達にデザインの研修を担当する機会をいただいた。題目は「始まる『情報デザイン』の視点」。共通教科「情報」の学習指導要領の大幅改訂に際して、後手に回っている印象のある情報デザインの学習分野だが、神奈川県の情報部会では率先して学ぶ機会を作られている。この日も熱心な先生方がたくさん集まってくださった。

そして研修に先だって事前アンケートを行ったところ、先生方は単なる方法論やスキルではなくて、概念的な理解、学びをどう評価するか、デザイン的な態度、教員はどう学ぶか、などのもっと本質的なところを理解する機会を求めていることが見えてきた。なるほど、自主的にこういう場に来られる先生方は流石に研究熱心だ。お仕事を請負いながらも、こういう機会を活かしてちゃっかり自分の科研のリサーチも進めるのである。何事も一石二鳥。

 

そして少ない持ち時間で検討した結果、

1)講演「情報デザインの再定義」

2)ワークショップ1「ビジュアルコミュニケーションの学びとその評価」

3)ワークショップ2「情報の送受信の文脈差とデザインの関係」

4)全体討論

の4部構成で行くことにした。

 

1)と2)のスライドを公開しておきたい。

www.slideshare.net

 

今回の攻め場は、「情報デザインの再定義」。この分野を立ち上げた須永先生は「定義することは思考停止でもある」と、常に問い直し続け、変化し続けるスタンスを貫かれていたし、それは僕自身よく理解できるけれども、おなじような探求マインドは、専門でない先生方には辛い。そういうこともあって、言葉を整理することに挑戦してみた次第である。切ないけど、他にやってくれそうな人がいないということもある。

 

この日の全体討論を通して、先生達にも高校生にもわかり、かつ持っておくと長持ちしそうなキーワードは、とりあえず「コンテクスト」だな、という思いを強くした。打ち上げで酒飲んだ先生方もこの点には同意してくださった。「図」としての情報(コンテンツ)だけではなく、「地」としての背景の文脈を読み解いてみることその相互作用によって物事が成り立っていることを理解すること。それは難しいことではあるけれど、学んでいくことは可能かと思う。少しづつでもそのような視点を養うことによって、社会や自分の身近な生活を捉え直す解像度は上がっていくのではないか。