読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kamihira_log at 10636

みえないものを、みる視点。

他者が手助けすることでまわる仕組み

オブザベーション

 

f:id:peru:20170116081721j:plain

最近書いていて面白いのは「オブザベーション」カテゴリである。オブザベーション(観察)はあたりまえのものごとを微細に見てデザインの発想源にするトレーニングとして知られているが、僕の場合は特に現象の背後にある「見えない因果関係」を見いだすことに関心を持っていて、そこにブログコンテンツの独自性を作ろうとしている。そういうわけでこのブログのタグラインは「見えないものを、見る視点」なのだ。

 

というわけで、今回のネタは、昨夏、ロンドンを訪問した際に地下鉄に乗ったときのこと。

kmhr.hatenablog.com

この時に、TUBE MAPを実際に見ることが出来て心からうれしかったのだが(上記の記事)、同時にバリアだらけで旧世代の地下鉄構内の様子に絶句した。エレベータどころかエスカレータがない駅も多く、僕らはたびたびベビーカーを担いで階段を昇った。我々のは日本製の軽くて小さなベビーカーであり、まだマシなほうで、ヨーロッパのベビーカーはかなり大型で重量もあり、女性一人で手で持てるようなものではない。デンマークは街の隅々まで車椅子もベビーカーもアクセス出来るバリアフリーが浸透していたので、欧州といっても整備具合は国によっても随分違うんだなぁ、と思ったことをよく覚えている。

 

あの整備の悪さは問題にならないのか・・・という話をイギリス人に会った時にしてみたところ、「うん、良い質問だ。ちなみにロンドンでは、ベビーカー押して移動する際は、通常はバスを使う。バスも発達しているからね。だからTUBEに乗るのはよっぽどそうしなきゃならない時だけになる。ではそういう時にバリアにどう対処するかというと、"みんなで持ち上げる"と言う方法でカバーしているんだ。イギリスの男はたちは誰もが、それこそ腕に入れ墨入れているガラの悪そうな兄貴まで、階段で困っている人がいたらみんな協力する。それでちゃんと回っているんだから、それほど問題無いだろう?」というようなことを教えてもらった。

 

全ての選択肢をアクセシブルにせず住み分けさせることと、どうしても必要なら他人同士で手助けしあうというソリューション。考えてみれば、人々が協力しあうマインドによってカバー出来るのなら、人工物化するという方法ばかりが最適解というわけではない。

 

じゃあそのマインドはどうつくるんだ、ってのが最大の問題だが。イギリス人の場合は、社会全体で、「Knightship(日本語でいえば騎士精神?)」という、他者に対してふるまうべき規範を作りだしたのだろう。安藤先生が提唱している利他的UXってのも似たところを見通そうとしている気がした。

 

レゴ本店での写真

f:id:peru:20150830033923j:plain

下書きのまま残っていた記事(写真だけ)を発見したんだが、何を書きたかったんだっけ・・・。

 

この写真はコペンハーゲンのストロイエ(一番華やかな歩行者天国)の一等地にあるレゴ本店。レゴパーツを量り売りしているコーナーがある、レゴの突起を模したディスプレイが素晴らしい。へぇ、と思ったけど、日本にもすでに5箇所あるらしい。

 

f:id:peru:20170105095414j:plain

フィグをお好みの組み合わせで買えるコーナー。ここはみんな真剣に選んでいるので、なかなか近づけない。でも3体で59.95DKK(約1000円)はちょっと高いね。

 

f:id:peru:20150830033928j:plain

レゴのロゴ変遷。1953の頃のロゴから今に繋がるテイストを感じるが、リファインが繰り返されているのだな。

 

レゴ関連記事。

kmhr.hatenablog.com

kmhr.hatenablog.com

 

大学生と小学生がいっしょにデザインする試み

CoDesign デザイン教育 プロジェクト

f:id:peru:20170109223901j:plain

12/19(月)、後期でいちばん力を入れていた2年生のコンテンツデザイン演習で近隣の小学校へ。午前中をまるまる頂いて小学6年生の全4クラスに学生達がワークショップを実施した。

 

この演習はもう10年間小学校と提携して実施しているもので、同僚のK先生と一緒に育ててきたが、今年からやりかたを大幅に切り替えてみた。これまでは理科の教材を開発して「ユーザー」として子供達につかってもらうというのがゴールだったのを、今年からは子供達の役割を「パートナー」という位置づけに変え、地元民代表として参加してもらいながら協働デザインアプローチで学習キットを開発することにしたのである。

 

概念図としては以下の通り。

 

http://www.ne.senshu-u.ac.jp/~cd/2016/cd_log/image/about/fm_model2.png

 

About | FIELD MUSEUM 2016 | コンテンツデザイン応用演習

 

豊かな自然の中には、机の上では学べないことがたくさん存在しています。
フィールドミュージアムでは、この自然をまるごとミュージアムに見立てて、その中で実際に体験しながら自然の仕組みに気づき、サイエンスの学びを促すことができる楽しい学習キットの作成を目指しています。
ミュージアムの舞台となる生田緑地は、首都圏では珍しい自然環境が多く残されており、季節ごとの変化が楽しめるスポットです。

「生田緑地」、「自然科学」、「情報技術」の関わり合いの中で、いかに子ども達の好奇心を刺激し、創造的な体験をかたちづくるのか。そして、いかにしてお互いの視点の違いを知り、協力しながらデザインを進めることができるのか。私たちは学習キット製作を通して、これらの課題に挑戦していきます。

 

とはいえ、双方とも授業時間がふんだんにあるわけではないので、公式な授業だけでなく、同じ敷地内にある学童施設にも協力してもらった。こちらは放課後なので授業中の借り物のような姿でない、生のこどもたちの性格が見える。

f:id:peru:20170109223927j:plain

11月某日の様子。

何度も学生達と放課後に訪問して、子供達と交流を深めながら使ってみる。大学生達がくると子供達も大喜びだ。虹作成キットは、こどもたちの手に渡った途端に武器になってしまったが、こういうのはとにかくなんども試してみないと子供達は何をするのか本当にわからないね。でも日本でこういう協働する過程を実際に踏みながら演習をすすめられたことは、自分にとってはなかなか感慨深い。

f:id:peru:20170109223933j:plain

そんなこんなで一通り出来たものをもちこみ、まずは仮想の親子になって、校庭にでて実際に使ってみる。1コマまるまる頂くことができたので、わりと余裕をもって進められた。

f:id:peru:20170109223942j:plain

落ちている葉っぱを採集し、スピーカーに変えるキット。体験を通して、音の伝わりやすさや電磁気による振動によって音が発生している仕組みを理解する。

f:id:peru:20170109223952j:plain

使ってみて、子供達とどうすればもっと面白くなるかを一緒にディスカッション!使ってみて内容を理解することは、だいたいみんな出来ており、そこで「面白い」「面白くない」の評価はできる。けれども、そこから自分が体験したことをメタ化し、客観視して考えていくのはけっこう高度なことだ。ずいぶん難易度の高いデザインワークショップであるw 当然ながらユニークな提案ができる子もいれば出来ない子もいるわけだけど、できるかできないかよりも僕は子供達に「誰かがつくったものを消費するだけでなく、自分たちでも変えていけるんだ」と捉えることができるような、そういう「機会」を持ち込みたかった。

 

6年生達には、このワークショップには理科の単元時間として割り当ててあるそうだが、実はこっそり「デザイン」を持ち込んだつもり。正直まだまだ題材や関わり方などにはたくさん課題があるし達成できたことも完璧にはまだまだ遠いけども、僕らのわがままを許して頂いたいろんな先生方、無茶振りをなんとかこなしてきた学生達、わけもわからず巻き込まれたのに元気に頑張ってくれた子供達に感謝したい。

 

そういうわけで、もうすぐ成果公開となる発表会を企画しています。真冬につき緑地散策の条件としては良くないのですが、お近くにお立ち寄りの方は、是非ご来場下さい。

f:id:peru:20170109224114j:plain

 

FIELD MUSEUM展
—生田緑地で楽しく学ぶサイエンス学習キットのデザイン—

専修大学ネットワーク情報学部2年コンテンツデザインプログラムを専攻する学生たちが、子どもたちと一緒に生田緑地で楽しく学べる自然科学学習キットをデザインしました。親子でも、どなたでも、お気軽に体験して頂くことができます。ぜひご来場ください。

 

2016年度 応用演習[コンテンツデザイン]成果発表会
日時 2017年1月22日(日) 10:30〜15:00
場所 かわさき宙と緑の科学館 2F学習室
   (小田急向ヶ丘遊園駅下車徒歩10分)
主催 専修大学ネットワーク情報学部コンテンツデザインラボ
協力:かわさき宙と緑の科学館 

 

■出品作品

1、しきめくりカレンダー(絵の色の変化で気温と湿度の変化を理解する自作カレンダーキット)
2、緑地のオーケストラ(葉っぱをスピーカーにして音と振動を学ぶキット)
3、2本の虹を見つけ出せ!(二重虹をつくって光の屈折を学ぶキット)
4、植物知恵袋(日照による葉っぱの形状の違いに着目して地図をつくるシールキット)
5、惑星タイムテーブル(1日の生活を他の惑星に当てはめたらどのくらい時間の感覚が違うかを理解する装置)
6、地層丸見え探検(生田緑地の地層を観察するためのペーパークラフト
7、りきがくらふと(「ジャイロ効果」を学ぶ紙工作キット)
8、もぐベタ(生田緑地の中の食物連鎖をみつけて、みんなで繋げていくキット)

 

 

正月エクスペリエンスの抜け殻

オブザベーション

f:id:peru:20170106122008j:plain

4日の朝、マンションのゴミ捨て場に入って、見たこともないようなゴミの量が溢れていて、実にびっくりした。比較対象として息子(120cm)を入れてみる。うちは大規模な集合住宅ではあるのだが、たった年始の数日でここまでゴミが出るものとは。

 

いうまでもなく、これらのゴミは正月(という得体の知れないものの)の「抜け殻」である。セミの抜け殻が脱皮前の形を残しているように、それらが生きていた段階で行われたであろうことや、そして脱皮した後で何になったのか、いろんなことを想像させる。

 

「光る!TAROをつくろう」住民参加型アートプロジェクトとしてのイルミネーションのお手伝いをしました

CoDesign プロジェクト

f:id:peru:20161227101851j:plain

春から企画をお手伝いしてきた岡本太郎美術館のプロジェクト、「光る!TAROをつくろう」のイルミネーションが1月9日まで美術館入り口付近(川崎市多摩区)で開催中です。僕らがこのプロジェクトに関わった経緯は下のエントリの通り。

kmhr.hatenablog.com

上平研究室のS君がプロモーション活動を担当し,研究室のO君がウェブサイトをつくりました.

www.ne.senshu-u.ac.jp

内容を簡単に紹介。ライトアーティストの森脇さんが、自分の技法をもとにだれでも出来るような制作方法を編み出して、両面染めの色紙を使うとか、基底剤をどうするかとか,和紙どのサイズが貼りやすいかというノウハウを重ねながら美術館のスタッフ達がいろんな場所でワークショップを実施した.そうして地域の人々にTAROのアートにインスパイアされたオリジナルな照明オブジェを作ってもらった、というプロジェクト。できあがったオブジェは想像以上に多様性があってとても面白い。

f:id:peru:20161227094951j:plain

街灯をつつむオブジェの他、室内には子供達がつくった風船型の張り子。(こっちのほうが安定してないので、実は数倍難しい)

f:id:peru:20161226224335j:plain

美術館の中で、飛び入りの人たちでつくりあげられた巨大な球体オブジェ。

森脇さんいわく、「TAROの造形言語はプリミティブなので子供達の切り絵でもエッセンスを取り入れやすくて、それぞれの解釈がまた良い感じになるんだよね」とのことだったが、本当にそうだ。よくわからないが確かにTAROを再解釈したような原始的なパワーを感じる!

f:id:peru:20161226224347j:plain

ぼくが作ったやつ。大学のサテライトキャンパスでワークショップを実施した時、僕は当初見学だけの予定だったのだけど、参加者のみなさんが楽しそうにつくっていたのでうずうずして作りたくなったのだ。割と良いところに飾ってくれた!

 

お近くにお立ち寄りの際には是非。1/9には撤去されます。

 

facebookページつくりました

自分自身この頃RSSを見に行かなくなったので、定期的に読んでくださってる方むけにfacebookページを作ってみました.ページに飛んで「いいね」を押された方には,今後ブログの更新情報が届くかとおもいます.

https://www.facebook.com/kmhrlab/

あけましておめでとうございます

f:id:peru:20170102203030j:plain

長く伸びるコントラストの強い影法師は,北欧の春を思い出します.

デンマークから戻ってもう9ヶ月もたってしまったか,ということを考えると,こうやってあっという間もなく人生過ぎ去ってしまうんだろうな,ということに気付かされてなかなか焦りますが,2016年度は,大学では帰国後からPBL(プロジェクト学習)の実施委員長を任命され,いろんな調整がかなり大変でした.時間がとれず,学生達ともあまり深く議論したり出来なかったのは反省点です.2017年度はパートナーのK先生が在外研究に出発されるので,もっと大変になりそうな予感がします.(僕の不在時に同じ迷惑をかけていますので,もちつもたれつですが)

相変わらず自分の研究を最優先することは出来なさそうな状況ではあるものの,演習や講義では在外研究で得た経験をもとにいろんな新しい取り組みを始めることができていることは嬉しいことです.演習関係は全て意識的にポイントを絞って切り替えました.身近なところから挑戦するためにも今年も頑張っていきたいものです.

 

 

 

 

主観的な感覚を計測する

オブザベーション

f:id:peru:20161229220946j:plain

某大学病院の小児病棟にて.ベッドからナースコールで呼び出して「痛い,痛い」と訴える子供の患者と看護師さんがこのスケールを用いてやりとりしているのを見て,たいへん興味深かった.

 

痛みってのは主観的な感覚で他者には理解しえない.それをおおまかにでも計測し,共有出来るようにするツールである.「ペインスケール」と言って看護の世界では一般的に使われているそうだが,不勉強で知らなかった.

 

allabout.co.jp

UXの評価なんかでも似たような評価手法は行われているわけだけど,計測するために行われている感は否めない.このスケールは,さっとさし出されてさっと指さされる,というインタラクションの流れがごく自然で,シンプルなコミュニケーションツールとして完璧に機能していたことに驚かされた.

 

小さなデザインの重み

グラフィックデザイン

デザインと一言で言っても、大きく二つの方向性があるように思う。物事や人の行動の全体像を「広く」見渡しながら要所を繋いでいくような行為と、造形やUIのエレメントを「深く」吟味し、細部にこだわってチューニングしていくような行為である。

前者は"大きなデザイン"、後者は"小さなデザイン"と称される。今の時代風潮からは、サービスデザインのように、すべてを取り込んでいくような"大きなデザイン"が注目を集めることが多い気がするけれども、"小さなデザイン"だって、ほとんどの人が意識しないけど水面下で品質に影響を与えているわけで,デザインをきちんと成立させるためには、決して軽視できるものではない。

 

先日、学生達に、僕の担当している授業でも、「応用演習(コンテンツデザイン)」などは目的やアプローチ含めて「大きなデザイン」に位置づけられるけど、「グラフィックデザイン」では、徹底的に小さな話をしていくよ、と宣言した。細部に対する感覚は若いうちでないとしみこんでいかないし、社会に出てしまっては、なかなかそんなトレーニングをする時間もない。そして業務に関わらない限り学べる場も少ないのだ。

 

例えば、PCCSのダークグレイッシュトーンの微妙な違いを、バウハウス伝統課題のアブストラクトフォトの画面の緊張感を。游築36ポ仮名の筆脈のたおやかさを、金属活版印刷の微妙な凹凸や墨だまりを。手に取るとドキッとするロベール(ファインペーパー)の触感を、コンテンツは同じで周囲のマージンがちょっとづつ違う書類の余白の印象の違いを。

 

普段目の前のものを丁寧に見ていない若者たちにとってはどうでもいい違いなのかもしれないけれど、いくつかのワークを通して、そういったデリケートな質感を、感覚を総動員しながら感じとってみるのである。(もちろん自分もわかることばかりではなく、自戒を込めて常に修行中だ)

 

もちろん、みんな経験したこともないことだし、多くがデザイナーを目指すようなクラスではないので、細かすぎる話のオンパレードに眼を白黒させている。でも意外なことに結構勉強になっているようだ。今の自分の感覚で見えているものがすべて、という前提が壊れて、当たり前だった世界の見え方が変わってくるからかもしれない。

 

f:id:peru:20161226133224j:plain

研究室OBのKくんが残してくれたオリジナル書体開発のプロセスをまとめたポートフォリオより。赤字チェックしているのは、文字塾主宰者の鳥海さん(ヒラギノ書体、游書体など書体デザインの第一人者)。ほとんどの人はわからないでだろう,二人のせめぎ合いに思わず唸らされるが、願わくば常にこのくらいの解像度でデザインに取り組みたいと思う。

 

理論を勉強して物事を俯瞰する視点を手に入れるとどんどん視野が開けてくるものだが、訓練によって細部を感じ分ける視点を手に入れると、そこにはまた広大な小宇宙が広がっている。デザインには極大と極小の両方の視点を往き来することが不可欠だ。注意深くそこに分け入ると、細部に宿るデザインの神が、ほんのちょっと見えてくるんじゃないだろうか。

 

youtu.be

 

ぼんやりと考え続ける

f:id:peru:20161224200540j:plain

昨年度はヨーロッパ各国の文化を丁寧に見ることができた一方で、常に痛感しつづけたのが、「やっぱり自分はアジア人で、そのフィルタを通してしか世界を理解することはできない」ということだった。

 

北欧の国々は確かに先進的ではあったけれども、そこで仕事したいか、と問われるととりあえずNOである。もう十分に幸せな社会の仕組みが出来上がった国で今更自分がやれることよりも、デザインの力が足りてないところは世界中にあるわけで、他の地域、例えば自分の育った文化圏に近いアジア諸国の方が、もっと自分の力を必要してくれるような気がするからだ。

 

でも東南アジアにはシンガポールぐらいしかいったことがなくて(過去記事)、もっと他の国にも関わってみたいな、とぼんやりと思っていた。

そしたらなんとミャンマーと関わる機会が出来た。お世話になっているスパイスワークスのみなさんが中心になってミャンマーでクリエイター発掘のためのデザインコンペを実施するそうで、その審査員の依頼である。

witaward.com

現在、いろんなIT企業がオフショア開発に取り組んでいるが、途上国に業務をアウトソースして労働力を負担してもらうだけでなく、志ある経営者は、現地の若者達に対して、デザイナーやエンジニアなどIT界隈の文化育成にも取り組んでいるそうだ。(関根社長、すばらしいです)

そういうわけで、ミャンマーまで行く気満々だったのだけど、運悪く表彰式の日程は卒業演習発表会とバッティングしている・・・。さすがにサボれそうもないが、是非機会見つけて行ってきたい。

 

思い出せば、デンマークに行くときもまったくツテの無いの段階からぼんやりと考えていたら、偶然が偶然を呼んで、いろんな人と出会いからあれよあれよと実現することになったのだっけ。ちょっとづつでも考えつづけていると、機会を逃すことはない。