読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kamihira_log at 10636

みえないものを、みる視点。

子供向けサマーイベントで思いがけない出会いをした

f:id:peru:20150621023144j:plain

6/20(土)のこと。先週はとても濃い体験が続いたので、いろいろ書き物をまとめようと思っていたのだが午前中だけでかなり疲れてしまった。というわけで午後にはサボって家の近くでやっている地元の子供向けのサマーイベントにやってきた。天気も良くて芝生の色も美しい。

f:id:peru:20150621023706j:plain

あまりよく調べないで、単に家族サービスとして来たのだが、いろんな組織が面白い出し物を出している。これは自動車学校のアトラクションで、ストライダーでコースを走っていきながらいろんな種類のピクトグラムの標識を学んでいく、というもの。赤信号でみんな「ストップ!」してる。

f:id:peru:20150621023224j:plain

子供をいろいろと遊ばせながら会場を移動していると、なんとなんとarki_labがワークショップやっていて僕はおもわずひっくり返った。彼らはコペンハーゲンにある都市デザインの事務所で、公共スペースのデザインの分野で意識的に市民を巻き込んだ参加型のデザインアプローチを取っていて以前から僕は興味をもっていたのだ。話聞いてみたいけどツテもないなぁ、と思っていたところだった。

f:id:peru:20150621023220j:plain

代表のRasmusが丁寧に解説してくれた。

f:id:peru:20150621023227j:plain

これは公園をこどもたちといっしょに考えるボードゲーム。遊ばせながら利用文脈をさぐるヒアリングを行うことができる。

f:id:peru:20150621023231j:plain

小学生とのワークショップでつくった謎のオブジェは・・・。

f:id:peru:20150621023246j:plain

遊具の新しいインタラクションをさぐるプロトタイプだったりする。

f:id:peru:20150621023232j:plain

同じく子供といっしょにつくったコットンの工作。大人では思い付かない新感覚の遊具のアイデア

f:id:peru:20150621025235j:plain

安価なビールケースをマテリアルに、こどもたちと一緒に原寸のプロトタイプを作る。みんな夢中になっていて、こどもたちの営巣本能というのは本当に凄い。

 

Rasmusが「我々の通常の大人はどうしても過去の経験で固まった視線になりがちだけど、それとは全く異なったこどもたちや、一般の人々の視線をプロトタイピングに組み込むことで新鮮なアイデアになっていく。だからこそ市民を巻き込むアプローチを取っているんだよ(意訳)」と話してくれた。

 

彼らは2年ほど前に大阪で仕事したり早稲田大と共同プロジェクトやったりしたことがあるそうだ。彼らの思想ややり方についてたくさん聞きたいことあるので、こんど事務所を訪問してみたい。サボってやってきた場所で思いがけないヒントに出会えるとは、これだから人生は分からない。

 


Designing cities for people: Rasmus Frisk at ...

 Understanding the way people think and act, is as much about experimentation as it is forecasting. Urban architect Rasmus Frisk took to the stage to explain why. His talk toyed with ideas of participatory design and letting communities plan, develop organically. Interacting with his young son's Lego blocks, Rasmus realised that cities without people were merely "display without play". Take away the emphasis from buildings, vehicles and money, he explained, and your town will be better for it. Stamp out the architect's ego and be done with making buildings, instead make spaces for people, he said.

 

彼らのマニフェスト。目的が明快で美しい。

 

 1. We are the liaisons between the profession and the layman.

Bridging the gap between the top-down and the bottom-up approach, connecting systems and people.

2. We are urban pedagogues.
Exploring the field between education and urban development. 

3. We are a diverse, cross-disciplinary firm.
Acknowledging that we cannot solve complex matters alone. 

4. We are not afraid to get our hands dirty.
Using a hands-on approach to design and citizen involvement through the entire process.

5. We are concerned about our planet.
Aiming to propose, through a sustainable and comprehensive approach, hybrid solutions where nature and humans interact.

6. We believe in democratic urban development.
Fighting for all groups in society to be involved, even the less resourceful ones. 

7. We believe in co-creation.
Working to bring all stakeholders around the table to build democratic and sustainable projects.

8. We believe in process.
Learning from previous experiences, we recognize the importance of each step of the journey rather than the final product.

9. We believe in collaboration.
Teaming up with like-minded change-makers.

10. We believe in you.
Knowing that a more democratic city needs you.